一般の方に

あなたの症状は

◆あなたはどんな時に医院(病院)を受診されますか?◆

受診時は「ああだろうか、こうだろうか。」といろいろ悩まれると思います。

ここにある質問や医療問題は、すべて実際にあったものです。
これらに対し、我がジェックス医師団が分かりやすくお答えします。
この中から、あなたの症状を見つけ出して受診時の参考にしていただければ幸いです。



それぞれの症状は、主治医に診察を受けられる際、「自分の症状をどう表現したらよいだろうか?」
と考えられる方のために、よいガイドブックとなることでしょう。
 皆さんが自分の症状をできるだけ正確に話していただければ、それだけ先生方の診断は容易となります。

症状チェックの要点ー5Wのチェックポイント
hen
(いつ)
何年前、何日前、朝起きたとき、夕食後、といった具体的で正確に
here
(どこ)
どの部分かを正確に ー右下腹部、後頭部など
hy
(なぜ)
症状が起こった原因となるものを考えてみる
hat
(何が)
どんな症状が起こったのかー痛み、苦しさ、動悸、めまい、吐き気、下痢、便秘、発疹、発赤、腫れ、熱、しびれ、など。どのような変化が体に起こっているのかを的確に
ork
(どうしたか)
働くという意味ではなく、起こっている症状に対してどのような処置をしたかということを具体的に、また、その処置により症状は軽くなったかより強くなったかを詳しく

 

目   次
全身症状 >> 体がだるい、自律神経失調など全身に現れる症状にお答えしています。
頭部の症状 >> の症状にお答えしています。
胸部の症状 >>
胸部の症状にお答えしています。胸痛・圧迫感・不快感など。
不整脈の症状 >> 不整脈についてお答えしています。
copyright(c) JECCS 当法人の事業は会員の会費と寄附に支えられております。